top of page

よりよく生きるために~終活ですべきこと①~


自分らしい人生をデザインする

終活はこれまでの自分を振り返り、これからの自分の生活をイメージするところからスタートします。

例えば60歳で退職した人が,80歳まで生きるとした場合、1日の自由時間を14時間とすると、約10万時間もあります。

終活の第一歩は、この自由時間に何をするか、どのようにして過ごすのかを考えることからはじまります。

いくつになっても、新しいことを始めるのに遅いということはありません。過去と他人は変えられませんが、将来と自分は変えられるのです。

自分の夢ややってみたいことを考えてエンディングノートに書くことは、終活で最も重要なステップのひとつです。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強迫症

Comments


bottom of page