top of page

デスカフェ


デスカフェとは、カフェの一角などでお茶を飲みながら、和やかな雰囲気の中で「死」について語り合う場のことです。

もとはスイスの社会学者が自身の妻の死をきっかけに「死」についてざっくばらんに話をする会を開いたことから、2010年イギリスにおいて「デスカフェ」という名称で開催されるようになりました。

deathcafe.comによれば、デスカフェは特定のテーマをたず、広く死について語り合う場であり、グリーフサポートやカウンセリングとは違うものであります。

ここで大切にされているのは、参加者同士が受容的でお互い敬意を持つこと、特定の結論に行きつこうとしないこと、飲み物やお菓子でリラックスすることであり、あくまでゆっくりとした時間の中で気軽に語り合える場を創っている。

宗教や年齢を問わず死について自由に話し合うことによって、死を身近に感じ、いつか訪れるものとして自分なりに受け入れ、それがこれから自分がどう生きていくのか、そして今の日々の暮らしとじっくり向き合うことにつながります。

普段、死について自分なりに考えることはあっても、他の人たちと話し合う機会は少ないのではないでしょうか。このような場に参加することで何かが解決したり、大きなものが得られたりするというものではないでしょうが、オープンに語らうことで自身の生について考え、日常生活を見直すきっかけになるとおもいます。

皆さんも一度、デスカフェに参加してみてはいかがでしょうか。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強迫症

私のパニック障害

パニック症は呼吸困難やめまい感、死の恐怖などを伴う耐えられないような苦しみと恐怖を訴えられます。 1回の発作は数分から30分、長くても一時間以内に自然に消失することが多いですが、私の場合は数時間にも及ぶ恐怖もありました。 この発作は何の要因もなしに、突然発作が起こってくるのが1つの特徴で、実際には過労や心労が要因になることが少なくありません。 この発作は「死ぬかもしれない」といったような、死の恐怖

Comments


bottom of page