top of page

強迫症

私もそうだったのかもしれません。


私達人間は、時々物忘れがあったり、間違いをしなかったか確認が定かではなくなることがあります。

たとえば家を出るとき、「火はけしてきたか?鍵はかけたか?」などは誰でも経験したことのエピソードです。


しかしこのエピソードが過剰に気になってしまい、万に一つの危険を恐れる気持ち(強迫観念)と、その危険を除外し、不安を打ち消すための動作や行動(強迫行為)に支配されてしまう状態に陥ってしまう症状があります。

この症状を「強迫症」といいます。


強迫症は、考えたくない考えが繰り返し頭の中に浮かび上がり、打ち消す努力をすればするほど不安が強くなってしまいます。

繰り返し強迫的な観念に囚われている状況や内容が、本人自身も自覚している場合が多いのですが、それでも繰り返し気になってしまうという状況に陥っています。


具体的な行動としては、外出する際に鍵をかけられたかどうか何回も確認したり、不潔な状況に異常な恐怖感を抱き、手を洗う行動をとめられなくなったりと、様々な強迫的な行動が見られます。

私の場合は、コップの水を何口で飲み干さなければいけない、手を洗うときの回数も決まって数えていました。


辞めたいけれど辞められない。考えたくないけど、一度思い出すと不安で考えが止められなくなるなど、本人の心理的負担は非常に大きいのも特徴です。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私のパニック障害

パニック症は呼吸困難やめまい感、死の恐怖などを伴う耐えられないような苦しみと恐怖を訴えられます。 1回の発作は数分から30分、長くても一時間以内に自然に消失することが多いですが、私の場合は数時間にも及ぶ恐怖もありました。 この発作は何の要因もなしに、突然発作が起こってくるのが1つの特徴で、実際には過労や心労が要因になることが少なくありません。 この発作は「死ぬかもしれない」といったような、死の恐怖

Comments


bottom of page